動脈硬化にも有効なコエンザイムQ10について

『動脈硬化』という病気は、血液の通り道である血管が硬くなり、弾力が無くなってしまう状態を指します。
この状態になってしまうと、血液の循環が上手くいかなくなってしまうため、心臓に大きな負担が掛かります。
時には高血圧や心不全などを引き起こしたり、血管が狭くなることにより、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすこともあります。
この病気はそれ自体では深刻な症状が発生するわけではありませんが、生命にかかわる病気を引き起こす危険性が有るため注意が必要となるのです。
それでは、この病気は何故発生をするのでしょうか。
原因となる物質は血中に存在をしている『悪玉コレステロール』というものです。
血中にある『悪玉コレステロール』が『活性酸素』という物質の影響で酸化をしてしまうと、白血球にある『マクロファージ』という外敵を攻撃する細胞がこの『酸化悪玉コレステロール』を飲み込んでしまい、役割を終えた『マクロファージ』が血管に沈殿をし、この病気が促進をされることとなります。
このように、そのまま放置をしておくと命の危険にもかかわる病気である『動脈硬化』に対して、近年非常に有効だとして注目を浴びている物質が『コエンザイムQ10』という物質になります。


『コエンザイムQ10』は昨今、テレビや雑誌などで数多く取り上げられていますので、ご存知の方も多いと思います。
この『コエンザイムQ10』の働きとして代表的なものは『補酵素』としての働きです。
『酵素』とは外部より体内に取り入れられた各種の栄養素を、人間が生きていくのに必要なエネルギーに変換をする働きをします。
『補酵素』とは、この『酵素』の働きを助け、より効率的にエネルギーを生成するように作用する物質となります。
このように、人間が健康に生活していく上でとても重要な物質となる『補酵素』ですが、更にもう一つ重要な働きをしているのです。
それは『抗酸化作用』です。
酸素が体内で異常変形した『活性酸素』という物質は、何らかのストレス現象により正常な細胞をも攻撃するようになります。
攻撃をされた細胞は酸化をしてしまい、機能低下を起こし、様々な体のトラブルを引き起こすこととなります。
もちろん『動脈硬化』もその一つです。
『コエンザイムQ10』はこの『活性酸素』を分解し、無毒化する効果を持ち合わせていますので、この点がこの病気に有効と言われる所以なのです。
『動脈硬化』を患っている方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

コエンザイムQ10と同じように抗酸化作用があり、動脈硬化に効果がある成分を紹介します。

まずは、ゴマに多く含まれているセサミンという成分です。
http://xn--vckl3i8c.la/2.htmlにセサミンの効果がいくつか紹介されていますが、中でも1番に取り上げられているのがこの抗酸化作用です。
このセサミンを摂取するにはサプリメントが良いとされていますので、人気のセサミンサプリメントを用意しましたのでご覧ください。

次に、 大豆食品に含まれているイソフラボンという成分です。
このイソフラボンについてはhttp://xn--eck7bvd2a5dzc.net/fat.htmlで詳しく解説されていますのでご覧ください。

最後にローヤルゼリーというミツバチによって作られる物質になります。

画像

画像 画像 画像

これがお薦め

  • ステラの贅沢コエンザイムQ10
  • アラプラスCoQ10
  • ベジタブ還元型コエンザイムQ10
  • ストロンリグ
  • ステラの贅沢コエンザイムQ10
  • アラプラスCoQ10
  • ベジタブ還元型コエンザイムQ10
  • ストロンリグ
Copyright© 2009 CoQ10 Energy All Rights Reserved.