糖尿病とコエンザイムQ10の関係性について

皆さんは『糖尿病』という病気の名前を一度は耳にしたことがあると思います。
実は近年、この病気の患者数が激増をしているようなのです。
ある統計では、患者数は日本だけでも700万人以上、予備軍を含めると1600万人以上がこの病気の危険性を抱えていると言われています。
それでは、この『糖尿病』とはどのような病気なのでしょうか。
『インスリン』というホルモンが不足をしてしまうことにより、体を動かすエネルギー源となる『ブドウ糖』が各細胞に送られなくなってしまい、エネルギー不足を引き起こしてしまうような病気となります。
症状としては、のどの異常な渇きや慢性的な倦怠感・疲労感やむくみなどが挙げられます。
また、合併症として、視力の低下や手足のしびれや歩行困難を引き起こすこともある危険な病気なのです。
この病気の原因としては、腹側な食生活や運動不足やストレスなどが挙げられますので、この点が『生活習慣病』と呼ばれる所以となります。
治療方法としては、食事を改善することや、適度な運動をすることの他に、『インスリン』を注射するという方法をとります。
そして、あわせてサプリメントとして有名な『コエンザイムQ10』を摂取することも有効であると言われています。


『コエンザイムQ10』とは細胞内に多量に存在をしている物質で、摂取をした糖やアミノ酸などの栄養素を人が生活していくためのエネルギーに変える働きをしている、非常に重要な物質となります。
それではなぜ、糖尿病の治療過程でこの物質の摂取が必要になるのでしょうか。
それには『スタチン』という薬品が深くかかわってきます。
この『スタチン』はコレステロール値を下げる薬となります。
この病気の患者は総じて、悪玉コレステロールの値が高くなりますので、動脈硬化を発症してしまうリスクが高くなります。
そのため、この『スタチン』を服用することで予防をする訳ですが、この薬は細胞内の『コエンザイムQ10』を減少させてしまう効果も持ち合わせているのです。
もし、この物質が減少をしてしまうと、細胞の機能が低下をしてしまい、老化の進行はもとより、心不全やがんなどの重篤な病気を引き起こす原因にもなります。
そのため、別途サプリメントなどの形でこの物質を補給をする必要性が出てくるのです。
このように、糖尿病の治療にはコエンザイムQ10の補給が必要となるケースもありますので、患者の方は一度しっかりと医師と相談をしてみるのもよいことでしょう。
糖尿病にはhttp://xn--2ck2dtaci4ge.tv/31.htmlで紹介されているローヤルゼリーもおすすめです。

↑こちらに詳しくまとまっています。

画像

画像 画像 画像

これがお薦め

  • ステラの贅沢コエンザイムQ10
  • アラプラスCoQ10
  • カネカユアヘルスケア
    還元型コエンザイムQ10
  • ストロンリグ
  • ステラの贅沢コエンザイムQ10
  • アラプラスCoQ10
  • カネカユアヘルスケア
    還元型コエンザイムQ10
  • ストロンリグ
Copyright© 2009 CoQ10 Energy All Rights Reserved.