心臓の機能低下にも有効なコエンザイムQ10

人間は年を重ねれば重ねるほど当然のごとく『老化』をしていきます。
これは、体の各器官の機能が低下をしてしまうことが理由となります。
肌や髪などの目に見える部分だけではなく、体の中の臓器などでも実は『老化』は起きているのです。
もちろん、人間にとって最も大切な臓器である『心臓』も例外ではありません。
この臓器は、全身に酸素や栄養素を含んだ血液を送り出すためのポンプのような役割を担っています。
この心機能が低下をしてしまうと、血液の流れが停滞をしてしまい、全身の細胞で酸素不足や栄養素不足が起こってしまい、筋肉や神経や臓器の働きが低下をしてしまいます。
そのため、不整脈や心筋梗塞や心不全や狭心症を引き起こすことにもつながる危険性があります。
この心機能の低下の原因には様々なものがありますが、昨今注目を集めている諸説があります。
それはサプリメントとして有名な『コエンザイムQ10』が不足をしてしまっているために心機能低下を引き起こすのではないかという説です。
実際に心臓病患者の多くはこの物質が極端に不足をしているという調査結果も出されています。
それでは、このコエンザイムQ10と心臓にはどのような関係性があるのでしょうか。


もともと、この『コエンザイムQ10』という物質は、体の細胞内のミトコンドリアという小器官内に多量に存在をしています。
この栄養素は『酵素』の働きを助けて、糖やアミノ酸や脂肪などの栄養素から人間が健康に生きていくための『エネルギー』を生成する役割を担っています。
また、『活性酸素』という物質の影響で細胞が機能低下するのを防止する『抗酸化作用』という機能も持ち合わせています。
この栄養素は、人間にとって非常に重要な物質となるのです。
この物質の働きは心臓でももちろん同様で、機能低下を起こさないように『エネルギー生成』と『抗酸化作用』を発揮して、ポンプとしての役割を大いに助けているのです。
しかし、この物質も加齢とともに減少をしていくこととなりますので、不足状態が発生することにより、『エネルギー生成』と『抗酸化作用』が弱くなってしまい、心機能が低下をしてしまうと考えられているのです。
しかし、逆を言えば、『コエンザイムQ10』をサプリメントなどで経口摂取することにより、心機能の改善が期待できるとも言えるのです。
このように『コエンザイムQ!0』は健康や美容だけでなく、心機能改善をも期待できる優れた栄養素となります。
また、それ以外にも様々な効能が期待できる魔法のような栄養素となりますので、最近体調がすぐれないという方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

コエンザイムQ10以外で心臓病に効果があるものをいくつか紹介します。

まずは、強力な殺菌作用があると言われているプロポリスです。
このプロポリスについてはhttp://xn--zckzcsa6cn3687bnre254f.com/koka_m.htmlに詳しく載っていますのでご覧ください。

また、同じくミツバチから作られていて、女王の特別食と呼ばれているローヤルゼリーにも心臓病への効果があるそうです。
ローヤルゼリーについて詳しくはhttp://xn--2ck2dtaci4ge.cc/02.htmlをご覧ください。

また、過酷な環境と長い年月によって作られているマカも心臓を強くする効果を持っています。

画像

画像 画像 画像

これがお薦め

  • ステラの贅沢コエンザイムQ10
  • アラプラスCoQ10
  • ベジタブ還元型コエンザイムQ10
  • ストロンリグ
  • ステラの贅沢コエンザイムQ10
  • アラプラスCoQ10
  • ベジタブ還元型コエンザイムQ10
  • ストロンリグ
Copyright© 2009 CoQ10 Energy All Rights Reserved.